東方美人茶(白毫烏龍茶, 膨風茶) おすすめのいれかた

 オリエンタル・ビューティーとも呼ばれる大自然の摂理が産んだお茶、東方美人茶、その名産地である台湾新竹県の茶農が推奨するお茶の淹れ方をご紹介します。
 
  

 
○ ホットでの淹れ方

 
茶壺(ポット・急須)は厚手のもの、または紅茶用のものを使うと風味が出やすくなります。
お湯の温度は80~90℃、沸騰させた湯をすこし冷まして使います。
茶葉の量はお湯150ccに対して、約4gです。

 
台湾茶 東方美人茶 4g量の茶葉 
 左の写真は4gの東方美人茶を直径10cmの小皿に平らに広げたものです。他の粒上に丸まっている烏龍茶と違って、少しかさばります。お手元にハカリがない場合の茶葉の量の目安にしてください。

 
 
 
 
 
 
 

 一煎目の時間 約2分
 二煎目の時間 約2分
 三煎目の時間 約2分
 四煎目の時間 約2分
 五煎目の時間 約2分
(一煎毎に、香りや味わいの特徴が変化するのをお楽しみください。)

 

 
 

○ コールド(水出し)での淹れ方

 

常温の水(塩素を含まない衛生的な水がよいので、湯冷ましやミネラルウォーターがお勧め)を用意します。
水600ccに対して、茶葉の量は約4gです。冷蔵庫に入れて、約6時間かけてじっくり抽出します。
コールドで用いた茶葉は捨てずに、それを用いて90~100℃のお湯で約5分抽出し、冷やして飲む(要冷蔵)ことができます。

 
 
 
 
東方美人茶のお求めは:

この商品のご購入はこちらから

 


Top