紅烏龍茶(赤ウーロン茶) おすすめのいれかた

 上品な烏龍茶の風味と甘い紅茶の風味が交互に訪れる不思議な感覚の台湾ならではのお茶、紅烏龍茶について、台湾台中市の茶師・林天豪氏が推奨するお茶の淹れ方をご紹介します。

 

 茶壺(ポット・急須)は厚手のもの、または紅茶用のものを使うと風味が出やすくなります。
 お湯の温度は、95~100℃です。

 

 淹れ方ですが、上品で優雅な風味を味わいたい場合、濃厚で芳醇な風味を味わいたい場合で、使う茶葉の量と淹れる時間が異なります。
 紅烏龍茶は一煎毎に、香りや味わいが烏龍茶に近くなったり、紅茶に近くなったり、独自のキャラが出たり、変化を楽しんでいただくお茶です。

 

○ 上品で優雅な風味を味わう淹れ方

 

茶葉の量はお湯150ccに対して、約7~8gです。
 
一煎目は茶葉を湿らせ温めるだけで飲みません。湯を注いで、すぐ捨てます。
二煎目の時間 約45秒
三煎目の時間 約45秒
四煎目の時間 約45秒
五煎目の時間 約50秒
六煎目の時間 約50秒

 
 

○ 濃厚で芳醇な風味を味わう淹れ方

 

茶葉の量はお湯150ccに対して、約10gです。
 
一煎目は茶葉を湿らせ温めるだけで飲みません。湯を注いで、すぐ捨てます。
二煎目の時間 約1分
三煎目の時間 約1分
四煎目の時間 約1分
五煎目の時間 約1分10秒
六煎目の時間 約1分20秒

 
 

※ 濃いめ、薄いめのお好みに合わせて、時間は±10秒程度加減して下さい。林さん推奨の淹れ方ですと、最初はやや薄いかなと感じる方もいらっしゃるかもしれません。苦みや渋みがあまり出ないように淹れるのが台湾式です。また、苦みや渋みが強く出ないのが良質な台湾茶の特徴でもあります。

 
 
紅烏龍茶のお求めは:

この商品のご購入はこちらから


Top