熟焙烏龍茶

熟焙烏龍茶

熟焙烏龍茶

凍頂/熟焙烏龍茶

  熟焙とは聞き慣れない言葉だと思います。「熟」は、茶葉がもつ酵素の働きによる発酵を進めて熟した状態にしていること、「焙」とは、焙煎をしっかりやっていることで、日本の皆さまが持つウーロン茶のイメージに近い香りと味わいの烏龍茶を生み出しています。

 
 熟焙烏龍茶は、昔電気もない山の中、炭火だけでつくっていた古き時代のお茶の風味が再現されています。中には、本当に炭火を使った伝統的な製茶法で拵えたものもあります。

 
 食中・食後、特に中華系やこってり系のメニューに合わせるのがおすすめです。

 
 熟焙タイプの台湾茶の代表といえる凍頂烏龍茶は、元々台中市にほど近い南投県の凍頂山という山に、ウーロン茶の故郷である中国福建省から来た茶樹を移植して栽培を始めたら、おいしいお茶が出来たので、有名になりました。

 
 標高800mの凍頂山は、現在キャンプ場など台湾の人たちのレクリエーションエリアに変貌しており、同じ南投県で地質が凍頂山に似て、もっとお茶の栽培に好適な場所で採れた茶葉を用いて、伝統的な熟焙製法で仕上げたお茶を、凍頂烏龍茶と称しています。

 台湾では、焙煎をちょっと控えめにして、胃腸への刺激を抑えて、よりヘルシーでライトな味わいの軽焙タイプのお茶が主流となってきています。

 
 当店では、伝統的な製法にこだわったウーロン茶らしいお茶と、よりヘルシーな軽焙タイプのお茶をご紹介しております。

 

続きを読む

Top