台湾ならではのお茶

台湾ならではのお茶

台湾ならではのお茶

台湾ならではのお茶

 台湾のお茶は、烏龍茶に代表される半発酵茶がメインです。
でも、使用する茶葉のバリエーションや、製茶プロセスの工夫、どれくらい発酵させるか等のノウハウにより、お茶の本場・中国大陸にもない、とってもユニークなお茶を産み出しています。

 
東方美人茶:

 ウンカに咬まれた茶葉の化学反応を利用して、甘い香りの風味豊かなお茶を産み出しました。新竹県の茶畑で、茶樹の種類は青心大冇を用いています。

 
紅烏龍茶:

 ウーロン茶の作り方と紅茶の作り方、その両方のよいところを生かして、紅茶でもない、ウーロン茶でもない、個性的なお茶を創り出しました。

 
蜜香烏龍茶:

 蜜のような甘い香りの烏龍茶、東方美人茶と同じような作り方ですが、産地や茶種にはバリエーションがあります。

 

 

続きを読む

Top