【お茶の種類】再加工茶

 
 お茶の種類を区別する方法で、産地や品種や栽培方法に関わらず、どんなお茶でも区分けできるのが、製法による区別です。

 
 お茶を製法によって区別する場合、主にどれだけ発酵させるか、その程度と種類の違いで色分けされています。緑・黄・青・白・紅・黒の六つに分けるのが一般的です。

 
 前回までで、六つの色のそれぞれのお茶をご紹介してまいりました。お茶自体がもつ酵素による発酵の程度と、お茶の酵素による発酵なのか、それ以外の微生物などによる発酵なのか、という違いで分類されていることが、お分かりいただけたと思います。

 
 今回は、再加工茶をご紹介します。お茶としてできた後に、何かしらの再加工をして作り上げるお茶です。代表的なものに花茶があります。花の香りを茶葉につけたお茶で、ジャスミン茶が有名ですね。北京料理などの中華料理屋さんに行くと、ジャスミン茶が出てくることがよくあります。

 
 ちょっと脱線しますが、中国大陸のレストランで出てくるお茶は、地方によって異なります。北京など華北地方はジャスミン茶、緑茶の名産地に近い上海など華中地方は緑茶が基本です。広州など南方は、ウーロン茶やプーアル茶、菊花茶から客に選ばせることが多いようです。もちろん、北京でも広東料理のレストランは南方流ですし、広州でも北京料理屋はジャスミン茶を出してきたりします。

 
 さて、ジャスミン茶、中国語では茉莉花茶(モーリーホアチャー)といいますが、その作り方は、香り高い生花と茶葉をいっしょにして、花の香りを茶葉に移していきます。まず、摘み取ったばかりの生花は、広げて積み重ね、ふるいにかけ、陰干しします。お茶(緑茶、ウーロン茶、紅茶)を広げて、その上に陰干しした生花を層状に重ねます。そして、かき混ぜて花の香りが均等に茶葉に移るようにします。これを窨花(インホア)と呼びます。窨花の際に茶葉は生花の水分も吸収してしまいますので、最後に乾燥して水分量を調整します。

 
 花はふるいにかけたりして、茶葉と分けてしまい、茶葉だけを製品にする場合と、あえて花を製品に残す場合があります。日本市場では、花を残した方が喜ばれるそうです。
  

台灣 茉莉花茶 茶葉

 
 台中の茶師・林天豪さんが最近開発中のジャスミン茶、比較的発酵度の高いウーロン茶にジャスミンの香りをつけています。花は少し残されている状態です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 ジャスミン茶には、次のような効用があると言われています。
・冷えの改善、ストレス解消
・胃の調子を整える
・腹痛の際などの消炎・解毒作用

 
 花茶には、柚子の花の香りをつけた柚子花茶(ヨウズーホアチャー)など、他の花の香りをつけたものもあります。バラや百合やハイビスカスなどの花だけを使った花草茶(ホアツァオチャー)と呼ぶものもありますが、茶葉を使わないので、厳密にはお茶ではありません。

 
 再加工茶では、他に工芸茶があります。中国語では、造形花茶(ツァオシンホアチャー)と呼びますが、あらかじめ乾燥させた花と茶葉を縛って形を整え、更に乾燥させて成形したお茶です。大きなガラスの器に入れて、お湯を注ぐと、葉のなかから花が開くさまを鑑賞することができ、花茶としても楽しめるものです。

 
 今回は再加工茶について、ご紹介しました。

 
 
【お茶の種類:品種】台湾の「四大名種」 につづく

 
【お茶の種類】 緑茶 青茶 紅茶 発酵で区分けしてます にもどる


Top