台湾の烏龍茶 お茶づくりの工程 (1) 

 台湾茶 お茶づくりの工程
 
 お茶って、とても身近な飲み物だけどどうやって作られているのか、普段はあまり気にしてないですね。ましてや、台湾のウーロン茶がどうやって作られているか、ご存知の方は少ないと思います。
 ここでは、台湾のウーロン茶、特に高山茶がどのように作られているか、ご紹介したいと思います。
 
 

 

くるくる丸い台湾茶 どうやってつくってる? 

 
 日本茶だったら、深蒸し茶って言うから、蒸してるのかな、ほうじ茶は、焙(ほう)じてるんだろうな、なんて想像てきますけど、ウーロン茶って、どうやってつくってるのか、イメージしにくいものですね。

 
 ましてや、台湾のウーロン茶みたいに、くるくる茶葉が丸まったかたちになってるのは、いったいどうやったら、そんな形にできあがるのか、ちょっと見当がつかないのではないでしょうか。
 
 

 
 
台湾烏龍茶の製法 その流れは?

 
 ウーロン茶、ここは漢字で烏龍茶と書いてみたいので、そう書きますが、製法はどうなっているのでしょうか。

 
 流れとしては、次のようになります。

 
新鮮な茶葉
 ↓
日光萎凋(いちょう※1)  
 ↓
室内萎凋
 ↓
発酵が進む
 ↓
炒菁(そうせい※2)
 ↓
揉捻(じゅうねん)と初乾
 ↓
団揉(だんじゅう※3)
 ↓
乾燥

 
※1 いちょう【萎凋】
茶の製造工程で、摘採後の茶の葉をしおらせること。
軽い発酵を伴い、紅茶や中国茶のうち半発酵茶のウーロン茶、わずかに発酵させる白茶(パイチャー)などで行う。 
デジタル大辞泉より

 
※2 そうせい【炒菁】
摘み取ってきた茶葉のことを茶菁(ちゃせい)と呼びますが、それを炒って加熱することで、茶葉自体の酵素の働きを止めて、
それ以上発酵させないようにする工程です。
日本茶ですと、炒る代わりに蒸すことが多く、その場合は蒸菁と呼びます。
 

※3 だんじゅう【団揉】
文字通り、茶葉を揉んで丸めて団子状にしていく工程です。

 
 

 

台湾茶は摘んでから24時間で、一気に毛茶(荒茶)に

 
 ここまでの工程、なんと茶葉を摘み取ってから、わずか24時間で、一気に進められます。

 
 ここで出来るのは、台湾では毛茶(マオチャ)と呼ばれる烏龍茶の中間製品です。日本だと粗茶(荒茶)と呼ばれてますね。

 
 毛茶の段階では乾燥の具合など、まだ品質が安定しないので、街中の茶行に運ばれ、選別され、そこで熱風乾燥などによって精製されて、皆さんのお手元に届く最終製品に仕立て上げられます。

 
 今回は、お茶づくりの流れだけを簡単にご紹介しました。

 
 台中市の茶師・林天豪さんが標高2200mの山上に持つ茶畑の中の製茶場に行って、実際に工程を見てきましたので、次回からは、私が見てきたそれぞれの工程を現場で撮ってきた写真を交えて、具体的にご紹介して参ります。

 
 

 

つづく


Top