【お茶の種類】緑茶

 
 お茶の種類を区別する方法で、産地や品種や栽培方法に関わらず、どんなお茶でも区分けできるのが、製法による区別です、と前回申し上げました。

 
 製法によって区別する場合、主にどれだけ発酵させるか、発酵の程度で色分けされています。

 
  
 

緑茶は茶葉の酵素で発酵させない 

 
 台湾茶でも日本茶でも、品種に関わらず茶葉自体がもっている酵素が発酵を進めていきます。

 
 緑茶は、酵素による発酵をさせない「不発酵茶」です。摘み取ったらすぐに加熱して発酵を止めてしまいます。加熱することで、酵素を不活性化するのです。

 
 これを殺菁(さっせい)と呼びます。菁は茶葉の持つ青臭い風味のことです。加熱方法としては、炒るか、蒸すか、です。一般に中国緑茶の殺菁は炒り、日本緑茶の殺菁は蒸します。

 
 採ったらすぐ加熱することで、発酵を止め、青臭さを取り除き、お茶らしい香りをもたらしてくれます。

 
 
 

日本茶と中国茶の違いは揉捻にあり 

 
 次に揉捻(じゅうねん)という茶葉をもみほぐす工程です。
日本茶の場合は、揉み、返し揉み、終い揉みと段階を踏みます。揉捻で、茶葉の組織が壊れて成分が出やすくなりますので、日本茶は淹れるとすぐに強く味が出るお茶となります。

 
台湾茶 緑茶 

 一方、中国茶はそこまではげしく揉捻をやらないので、穏やかな風味になります。日本人が中国緑茶、杭州龍井などを飲むと、ちょっと味が薄いと感じたりするのは、製法とそれによって求めるものが異なるからです。

 
 最後に、茶葉を乾燥させて水分を飛ばします。緑茶の場合は、乾燥温度を上げすぎると焦味が着きますし、温度が低いと色が暗くなります。淹れた茶湯がきれいな黄緑色を呈するよう、うまく条件を調整して乾燥させれば緑茶の完成です。

 
 
 
 

緑茶の効用と注意点 

 緑茶には、次のような効用があると言われています。
・カフェインがあるので、疲労回復によい、また、利尿作用があるので、むくみによい
・カテキンが脂肪分解を助け、代謝を高めるので、ダイエットになる
・タンニンが老化の原因となる活性酵素を抑えるので、アンチエイジングになる
・フッ素、タンニン、ビタミンなどが、口臭を防ぎ、虫歯予防になる

 
 緑茶で気をつけることは
・カフェインで眠れなくなるので、夜、就寝前には飲まない方が良い
・体を冷やす性質のお茶なので、冷え性や生理中の人は飲まない方が良い
といわれています。

 
  

-【お茶の種類】青茶 -

 


Top