標高1700mで採れたハイグレードなお茶 杉林渓清香烏龍茶(特級)150g

価格 ¥3,686 (税抜き) 送料無料

BUY NOW!

 

 杉林渓の高山茶、そのチャノキの品種は、青心烏龍(チンシンウーロン、別名:軟枝烏龍)です。

 
 青心烏龍は、福建省から台湾に持ち込まれた四大名種のひとつで、小葉種で半発酵のお茶(=烏龍茶)づくりに適した茶種です。お茶の品質がずば抜けているため、台湾の各生産地ではこぞってこの品種を栽培しています。

 
 しかし、栽培するエリアによって品質も異なってきます。日光の十分な平地の場合、葉形は比較的細く、繊維化の程度が比較的速くなります。海抜の高い山岳地帯の茶樹の葉肉は比較的厚く、容易に繊維化せず、葉の色は光沢に富んだ濃緑です。つまり、標高の高いところで採れるお茶のほうが品質がよくなる傾向があるのです。

 
 杉林渓は台湾中部の避暑地で、夏場に気温が上がりすぎることがありません。その名の通り杉の木が数多く植えられ、また、手つかずの原生林が周囲に多いことから、杉の香りや森の香りがするお茶になるとも言われています。実際には、杉など他の樹木からの移り香が茶葉に残ることはないでしょうが、ミネラル豊富な土壌に育つので、他にはないミネラル風味を備えたお茶となっています。

 
台湾茶 杉林渓 霧に包まれた茶畑 
 また、杉林渓は霧が多い土地柄で、連日昼下がりには霧が出て、茶葉をやさしく包むので、高級な茶葉を栽培するのに最適な環境です。

 
 
 
 
 
 
 
 このお茶は、軽発酵で焙煎も控えめな清香タイプです。淹れた茶湯はすきとおった黄金色で、なめらかさのある輝きがあります。口に含むとミネラルの効果か、活力を感じさせつつ、軽快に香りたち、そのあと深みのある戻り香があります。のど越しはやわらかくスムーズです。

 
 杉林渓の玄関口・渓頭に店を構える茶師・張さんの茶畑で採れたハイグレードな茶葉からつくられた杉林渓清香烏龍茶(特級)、ぜひお試しください。

 


  ※ 台湾茶・キャラクターチャート ※

焙煎       軽 -◎--- 重
発酵       軽 -◎--- 強
香り    清々しい -◎--- 香ばしい
味わい    軽やか ◎---- 重厚・渋み
個性   ポピュラー ☆☆☆☆★ 稀少・貴重
 

 
 

この商品のご購入はこちらから


Top