紅茶と烏龍茶のハーモニー とっても希少な 紅烏龍茶 75g

価格 ¥4,333 (税抜き) 送料無料

BUY NOW!

 紅烏龍茶とは、どんなお茶なのでしょうか。
赤い烏龍茶? はたまたウーロン茶みたいな紅茶?

 
茶葉は烏龍茶と同じ丸まった粒状になっています。
粒の大きさは普通の烏龍茶よりやや小さめです。

 
これは揉捻という、烏龍茶に特徴的な茶葉を丸める工程を
経ているため、粒状なのです。

 
ところが、その茶湯は紅茶に近い赤い色をしています。
それは発酵の度合いが普通の烏龍茶(半発酵茶)より高くて、
完全発酵の紅茶に近い水準まで茶葉を発酵させているからです。

 
だから、紅烏龍茶を淹れると、紅茶のような甘い香りと、
烏龍茶のような優しい花香が絡み合うように訪れてきます。

 
淹れた茶湯は、きれいな深紅色を呈します。
甘い口当たりで、するりと軽快な飲み口です。
一煎ごとに紅茶のような、烏龍茶のような、或いは独特の風味が
交互に訪れてきます。
焙煎がきいているので、こうばしさ、余韻と深みがかもし出されます。

 
紅烏龍茶は、元々台湾島東岸の台東というところで、
比較的標高の低い亜熱帯気候の土地で育った茶葉を原料に
作り出されたお茶です。一般的に出回っている紅烏龍茶は
ほとんどがその台東周辺の低地で採れる茶葉を使ったものです。

 
そこで、台中の茶師・林天豪さんが、もっと標高が高くて、
より高品質な茶葉が採れる南投県の茶畑で採れた茶葉を用いて、
台東産よりも上質な紅烏龍茶をつくりだしました。

 
当店で台湾茶の試飲会を開いたときも、
「珍しくてすてき」、
「特長があっておいしい」、
「こんなお茶は初めて」等々、
この紅烏龍茶がもっとも注目を集めました。
 
ゆったり過ごす午後のひとときに、
食後のスイーツといっしょに、
この紅烏龍茶をぜひご賞味ください。

 


 

※ 台湾茶・キャラクターチャート ※

焙煎       軽 ---◎- 重
発酵       軽 ----◎ 強
香り    清々しい ---◎- 香ばしい
味わい    軽やか --◎-- 重厚・渋み
個性   ポピュラー ☆☆☆☆☆ 稀少・貴重

 
 
この商品のご購入はこちらから


Top