【大禹嶺高山茶】甘くてまろやか・清涼な高山茶

  • Shiさん
  • 40代

  • 女性

 

台湾茶は、普段頂く機会がなく
凍頂烏龍茶は以前 飲んだことがあるかなという程度で
高級茶が手に入ると決まった時は嬉しく
到着を心待ちにしていました。^^

 
ホームページで拝見した
標高2200mで茶葉を採る作業は
とても手間がかかると思われます。

 
天日干しの茶葉の「酵素」による発酵なので
酵素も摂れて身体に良いですね!

 
適度な発酵の為、夜通しかけての作業
何と24時間で出荷
手間暇をかけたとても丁寧に作られたお茶です。

 
「林さんの大禹嶺高山茶」75g
しっかり真空パックされて届きました。

 
大禹嶺高山茶 パッケージ 
 
天空の茶畑から
はるばる我が家へやってきたと思うと
感慨深いものがあります。

 
同封して頂いた 
茶師 林天豪さん推奨の淹れ方を参考に淹れてみました。
1.茶葉の量  ~少な目の3~5g~
2.お茶の温度 ~95℃~100℃の熱湯~
3.淹れる時間 ~45秒~1分20秒~
こちらの3つで美味しいお茶が飲めるとのことです。^^

 
まず1回3gで頂きました。
大体スプーン1杯半位
肉薄の急須が良いとのことで、家にあるティーポットを使用。

 
一煎目「潤茶」と言ってまず、湿らせるだけで捨てます。
二煎目 約45秒
三煎目 約50秒
四煎目 約50秒
五煎目 約1分
六煎目 約1分20秒
タイマーで図って淹れてみました。

 
大禹嶺高山茶 茶葉 湯呑みの茶湯 淹れるときの道具 
 
色は薄めの若芽色
ほんの少し色づく感じです。

 
お味は・・
口に含むとまろやかな甘味が感じられます。
クセがなく
後味がすっきりしています。

 
色は薄めですが、
しっかりした風味があります。

 
2杯目は少し濃い感じ
3杯以降は、クセがなく、まろやかなお味で
徐々に味が落ち着いてゆく感じがしました。

 
烏龍茶と緑茶の中間
烏龍茶とも少し違う
緑茶に少し似た感じです。

 
一杯目は格別に美味しかったです。^^

 
美味しいお菓子が食べたくなりました。
和菓子で言うと、あんこ系が合います。

 
デトックス効果(利尿作用)もかなりあり
油っぽい食事の時に飲むと良いと思います。

 
翌日は、茶葉を多めに淹れてみました。
色は濃いですが
あまり多めですと濃すぎて苦味が出てしまいます。
4gが調度良かったです。

 
1回 3g~5gの量で茶葉が広がり
5杯以上頂けるので、かなりの日にちを楽しめます。

 

 
水出しの方法も教えて頂きました。
夏は水出しがいいですね!
カフェインが少な目になるので水分補給に最適とのことです。

 
9~10gの茶葉を湯冷まし・ミネラルウォーターなど 600gに入れて
常温で2~3時間、冷蔵庫の場合は5~6時間 そのままで。

 
とっても簡単!
中で茶葉が広がってゆきます。

 
色はしっかりとついて
清涼感もあり綺麗な薄黄緑色です。

 
大禹嶺高山茶 透明グラスの茶湯

 
お味は、
香りが良く、口の中でまろやかさが広がり
甘味もあって
今までに頂いたことのないお味でした。
飲んだ後も清々しく爽やかです。

 
「芳醇ですっきりしていて美味しい」と
お客様にも好評でした。^^

 
お水によっても、左右されると思います。
スーパーでサービスされている浄水が美味しかったです。
すっきりしたお味になります。
(湯冷ましがおすすめです。)

 
冷水は、まろやかな味のミネラルウォーター・軟水が
良く合いました。

 
店名のフォルモサの風 映画のような素敵なお名前と思い
調べてみましたら・・
「麗しの島」という意味で
台湾の事をフォルモサと呼ばれているとのことでした。
(初めて知りました。)

 
大禹嶺高山茶
特別な時に飲みたい
気候のなせる味
清々しく
甘くてまろやかなお茶でした。^^

 

 
 
 
 
 
<Gettysモニターの方のレビューです>

 
 
この商品のご購入はこちらから


Top