【大禹嶺高山茶】誰もが美味しいと思える高級茶!

  • Koiさん
  • 30代

  • 女性

私自身、「お茶」というものがすごーーく大好きで、
お茶の味にはとてもうるさい方だと思います。
お茶の中でも緑茶は大好きで、質の高い緑茶しか飲む気になれないほど。
一年を通して、緑茶は納得のいく物ばかりを飲んでいます。

 
今回、台湾のお茶ということで、日本の物との違いにとても興味があり、
想像としては全く味も見た目も違う物だと考えていました。

 
お茶は宅配便で到着しました。

 
箱を開けてみると、小さな四角い袋が。
どうやら真空パックになっているようです。

 
台湾茶 大禹嶺高山茶 パッケージと茶葉 
 
早速封を切り、中を見てみると…
丸まったお茶っ葉が!!
日本の物は縦に細く、細かいお茶っ葉ですが、このお茶っ葉はクルクルと丸まった感じです。

 
残念ながら日本式の急須しかありませんが、実際に淹れてみることに。

 
日本のお茶とは違い95度から100度のお湯で淹れるようです。
茶葉はお湯150ccに対して3〜5gほど。

 
一煎毎に時間が決まっているようです。

 
一煎目は湿らせ温めるだけで、飲まずに捨てます。
二煎目は45秒。
色の出方を見て、判断しても良いようです。
三煎目、四煎目は50秒。
五煎目は1分。
六煎目は1分20秒…と少しずつ時間を長くしていきます。

  
台湾茶 大禹嶺高山茶 淹れた茶湯 

二煎目を飲んでみました。
日本のものよりも、香りがとても強いことに驚きです。
日本の緑茶にとても似た味ですが、ほんのり香りに違いが。
鼻から抜ける香りが少し強いです。
色は然程濃くなく、黄緑色をしていますが、一口飲んでみると、
お茶の葉の香りが口一杯に広がります。
甘みも強く、逆に苦味や渋みがとても少ないです。
渋みなどが少ないですが、かなり深みがあり、
何度も舌で転がすように味わってしまいました。

 
驚いたのが、お茶を出しきった茶葉を広げてみると、茶葉が丸ごと!!
どうやら茎から葉までクルクルと丸まっていたようです。

 
水出しも出来るようでウチではパックに茶葉を入れ、ペットボトルで作りました。
冷蔵庫で5.6時間ほど放置すると、綺麗な黄緑色をしたお茶が無事できました。

 
水出し茶はカフェインの抽出が少ないようなので、
身体に負担の少ないお茶ができるようです。

  
台湾茶 大禹嶺高山茶 水出し茶 

お湯で淹れたお茶よりも少し苦味を感じましたが、
苦いお茶も大好きな私は、なかなか好きな味でした。

 
 
今回初めて台湾のお茶を飲んでみましたが、本当に素晴らしい経験でした。

 
来客の際には是非とも出したいお茶です。
色んなお菓子にも合いますし、きっと皆さんが美味しいと思える味だと思います。

 
お茶には口煩い私が、久しぶりに納得の行くお茶に出会いました。

 
 
<Gettysモニターの方のレビューです>

 
 
この商品のご購入はこちらから


Top